ルドウィジアspキューバ斑入りを育て始めました④

A水槽(加温あり)、植栽30日目の植え直し

加温水槽(26℃程度)ではぐんぐん育ってくれていましたが、生長が良すぎたばっかりに、かなり先端部が陰も作ってもいました。

その為、第一回目のトリミング実施して、植え直しをしました。

ロタラや他の有茎草は育て方の記事も多く検索で見つかりますが、本種はあまり記事になっていません。

そのため、うまく育ってくれるかどうかは、イチかバチか・・・。

たぶん、有茎草だしいけるだろう、と。

経験則ベースのトライとなります。

B水槽(加温なし)、60日目の植え直し

加温なし(20℃程度)ですので、生長はかなりゆっくりですが、育ち方としては繊細で小振りのまま輪生しているので、かなり理想的です。

加温水槽(26℃程度)で育てたものと比べて、一カ月遅れてのトリミングしての、差し戻しです。

意外にも2カ月経過したにもかかわらず、まだ水上葉が残っています。

ひょっとしたら、水中葉化するのに時間が掛かる種類なのかもしれません。

仮説ではありますが、加温水槽(26℃程度)60日後の様子をみると、慎重に進めた方がいいかもしれません・・・。

そんな60日後の加温水槽の様子は、次回の更新にて報告したいと思います。

以上、トリミング後の差し戻しの報告でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です