ルドウィジアsp.スーパーレッドを育て始めました⑥ラスト

前回更新のあらすじ

ルドウィジアsp.スーパーレッドを植栽して、約1か月が経ちました。

ヒーターでの加温をしていなかった事もあり、少し生長がゆっくりめでした

そんな生長速度に我慢が出来なくなり、加温をし始めたのが前回更新でした。

A水槽 加温あり 10日目

かなり生長が加速された印象があります。

特に先端部分は、かなり水中葉として展開いたしました。

ここで前回更新の10日前の様子を確認してみましょう。

加温開始前 10日前の様子

細かな測定をしているわけではありませんが、

加温する前は、節目の間隔が細かいように感じます。

人はさむいとちぢこまってしまいますが、水草も同様なのでしょうか?

結果として、ルドウィジアspスーパーレッドの生長は、

26℃程度の環境にすると、促進されることが確認できました。

ただ、こういった形で見返してみると、

小型水槽では加温前の、これぐらいの育ちっぷりも良いような気がしてきます。

ちなみに、B水槽の様子 植栽37日目

当初から加温して、26度前後の環境を維持していたB水槽。

モリモリ生長していることを報告していました。

画像はトリミング後の、差し戻しして10日後の様子です。

かなり勢いよく育ち続けています。

着実に密度が詰まってきています。

ちなみに、植栽当初の様子を振り返ってみます。

水上葉だったこともありますが、一か月で立派に育ってくれました。

ルドウィジアspスーパーレッド まとめ

加温なしのA水槽と、加温ありのB水槽で比較し、

生長を確認してきました。

結果として、26度前後の水温環境が生長に適しているようです。

特に、A水槽で加温を実施してからの、生長速度の加速は見違えるものでした。

低床環境はソイル、照明時間は8時間、二酸化炭素添加あり、と

加温の有無以外は大きく状況を変えなかったにも関わらず、思いのほか、差が出る結果となりました。

なお、本稿でルドウィジアspスーパーレッドの更新はラストにします。

水温さえ合わせれば、かなり育てやすい種類という事がわかりました。

なお本種と合わせて、ルドウィジアspキューバ斑入りの生長記録もとっています。

そちらに関しては、別記事にて、引き続き更新していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です